「成功するには努力しまくるしかない」will.i.amの言葉に心揺さぶられた。

先日、will.i.amがマイケルジャクソンとのコラボ曲が未発表だということが
明かされました。
曲の内容は気になるところですが、
今後も発表する予定はないということ。
大金を手にすることになったとしても、出さない、と。
完成度に不満があったようで、彼の仕事に対する真剣さが伺えます。

そんな彼が、
マイケルに憧れるキッズが多いこと対してに
こんなコメントを残しました。
成功するには並大抵の努力では、マイケルのようにはなれない、と。
「(成功するには)努力しまくるしかない。立ち上がり、ノックダウンされても、再び立ち上がる心構えが必要だ。社会はたくさんの幻影を生み出し、ソーシャル・メディアは自分もビヨンセやマイケル・ジャクソンになれるって考えるキッズを誕生させたが、自分の全てを与えないかぎり、そういう人達にはなれない」

努力は日々、している、かもしれない。
でも、努力しまくる、というのはハイレベルです。
これは、きつい時があっても、ノックダウンされることがあっても
言い訳せずコツコツと頑張る、という意味が込められている気がしました。
自分に打ち勝つこと、とも言えます。

立ち上がっても時にノックダウンされる、現実世界での生活に響くものがありました。
この言葉を胸に、毎日嫌なことがあっても頑張ろうと思えたのです。

3か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です